グランドスタッフの訓練について

こんばんは!!

今日のテーマは

グランドスタッフの訓練についてです。

今度NHKでコロナ禍におけるANAのグランドスタッフの羽田空港での訓練の様子が放送されるみたいです!

それを受けて、航空会社によって異なりはあると思いますが、

私のいた時の訓練てどんな感じなのかを今日はざっくり紹介したいと思います。

まずGS(グランドスタッフ)は若年層の退職率が非常に高いので

その分新規の雇用者も多いです。

なので私の会社でも、

4月入社、6月入社、10月入社

と別れていました。

それぞれ30人ほどの新人GSと一緒に訓練を行っていました。

訓練は

大きく分けて2つで

・人事研修

・座学訓練

の構成でした。

まず人事研修で学んだことは

・ビジネスマナー
・会社のコンプライアンス
・会社の歴史
・チームコミットメント

といった感じでした。

私の会社ではGS以外にも、地上ハンドリング部や貨物部の同期も一緒でした。

人事研修が終了するといよいよ座学訓練が始まります。

座学訓練は約20日ほど。

そのあとOJTといわれる実地での訓練が10日ほどあり、

一人前のGSとしてお客様の前に立つという流れになるわけです。

座学訓練では

・カウンター編(発券やCKIについて)
・手荷物編(手荷物に関するルールや知識)
・搭乗業務編
・航空保安安全編
・ユニバーサルデザイン・バリアフリー編
・身だしなみ編
・アナウンス編

などを教官であるインストラクターの先輩指導のもと

座学訓練と、実技を繰り返しながら、学んでいきます。

で、最後には厳しいチェックテストが待っている

という訳ですね!!

私はそんなに泣きませんでしたが、(笑)

同期は合格して泣いて喜びあったりしてて

ドラマみたいな一面もありました!!

いかがでしたかか?
少しはあなたの励みになりましたでしょうか。

あなたの夢が少しでも現実に近づきますように

飛行機


let’s happy flight
今日もありがとうございました

表情にこにこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました