グランドスタッフの正月あるある

いつも読んでいただいている皆様

新年明けましておめでとうございます!!

ブログを4日から書くと言っていたのに5日になってしまい申し訳ありません、

やはり正月気分は早々抜けないですね。

ではそんな正月気分の為に現役時代の自分を振り返るテーマで今日は語りたいと思います。

今日のテーマは

グランドスタッフの正月あるあるです。

1、初日の出は空港で見れる

早番勤務だと、6時の段階でもまだ外は暗いので見ることができます。
カウンターに注ぐ木漏れ日だったり
飛行機と空港を繋ぐパッセンジャーボーディングブリッジの窓からだったり

飛行機を見送る為のオープンスポットからだったり

そもそも空港は周りが何も無い場所が多いですし、

一般の方も展望デッキから見にくるくらいなので

お天気がよかったら絶景が見る事ができます。

先程のべたPBB(パッセンジャーボーディングブリッジ)やオープンスポットからの景色はGS(グランドスタッフ)の特権ですね!!

2、昼食がちょっと豪華になる笑

正月から働くGSには帰省できる子も少ないため

実家の子を除いておせち料理など食べる機会がありません。

なので正月くらいはと

普段コンビニおにぎり→お弁当

になったり

空港内の飲食店のテイクアウトメニューなんかを手配するGSも多かったですね。

3、荷物トラブルの発生

夏休みに次ぐ旅行や帰省が多く、

またお土産、滞在先での着替えの荷物、ペット、ウインタースポーツ

など夏休み以上に大きな荷物が多いのがお正月です。

なので重量オーバーだったり

荷物の破損トラブル

クロスピック(誤引き取り)

などのトラブル対応が多いですね^^;

4、アナウンスにドキドキ

基本空港内での

搭乗案内

お客様の呼び出し

などアナウンスには定型文が決まってそれを読み上げるのですが

お正月には特別アナウンスが用意されていたりします。

やはり普段と違うアナウンスは気持ち良いですし、注目されて

お客様からの反響も結構あるので楽しみの1つでした。

5、大晦日と元旦の休みが嬉しい

GSが貰える年末年始特別手当はそこまで多く無いので

ほぼ8割の人が休みの方が嬉しがっています。

一人暮らしで帰省できなくても

やっぱり大晦日は紅白、ジャニーズCD(ジャニオタ率高め笑)ガキ使

など見たいテレビも多いですし

元日はせかせか仕事せずのんびりしたいですもんね。

いかがでしたかか?
少しはあなたの励みになりましたでしょうか。

あなたの夢が少しでも現実に近づきますように

飛行機


let’s happy flight
今日もありがとうございました

表情にこにこ


コメント

タイトルとURLをコピーしました