グランドスタッフの仕事で嬉しかったこと

こんばんは!!

前回・前々回の回では到着業務についてお伝えしてきました。

それは今日のこのエピソードを伝えたかったかたです。

それは

グランドスタッフの仕事で嬉しかったこと

です。

お客様からお礼のお手紙を会社宛てに頂いたことがあり、

それがとっても嬉しかったのでご紹介しますね。

その日、私は先輩と一緒に到着業務を行っていました。

夜の時間で、最終便も出発しGS達は到着業務や片付け、
売り上げの集計など様々な仕事に分かれていて、

到着ロビーも他にも後輩たちがたくさんいました。

私も元々出発の担当で、出発口の片付け等が終り
手持無沙汰になったので、到着口のターンテーブルでお客様対応などを手伝っていました。

そこに、

国際線でご到着のご家族がいらっしゃったのですが
恐らく、海外に住まれていたんでしょうね。

すごい量の荷物荷物荷物

そして小さなお子さんもいるFAMILYだったので、

長いフライトが続きぐったりしてるお子さんだけでも大変なのに、

そのうえカートに乗りきらない量の荷物があったので

見かねて「お手伝いしましょうか」とお声掛けし、

私はその日は到着ロビーの担当ではなく悪魔でもヘルプ要因だったので

カウンター業務をしたりする必要はなく自由に動けたので、

通常なら、ターンテーブルから荷物を取るのをお手伝いしたり、
ビニールやタグを取ったりする程度なのですが、




お客様がお迎えのジャンボタクシーを用意しているとのことだったので

タクシー乗り場まで一緒に行きました。

そのようなお手伝いは初めてではなかったですし、

何度かある当たり前のことで、自分の中でも大してお客様の役に立ったという気はなかったのですが、

後日大変助かったというお礼のお手紙を頂きとてもうれしかったです。

GSはこのように、自由に動きお客様の為に動けるときがあります。

派手なメッセージを用意したり、些細なお手伝いやお声掛けだったり、

自分の中では100回のうちの1回でも

お客様にとっては貴重な1回として受け止めていただける

と気付き、自分の仕事に誇りを持つことができました。

いかがでしたかか?
少しはあなたの励みになりましたでしょうか。

あなたの夢が少しでも現実に近づきますように

飛行機


let’s happy flight
今日もありがとうございました

表情にこにこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました